家族旅行は評判の良いスカイマークの国内航空券にしました

家族だとかなり安くなった

家族で格安沖縄旅行!窮屈に感じない機内家族だとかなり安くなった

これだけの短い移動時間で不要なものを付けてわざわざ料金を高くするぐらいなら、出来るだけ要らないものを無くして料金を下げるのが最高のサービスだと感じました。
これが国内線では当たり前なのでしょう。
今までの大手がしてきたサービスがあまりにも度が過ぎるものだったのです。
食事は出てくる、映画もテレビも座席で個別に見られるとなると、そうした設備を機内に載せるだけでも大変なことになるはずです。
以前格安航空会社が登場して来た時に、こうした不要なサービスを無くすことで料金が下がるということを言っていましたが、成程そうだと感じたことを思いました。
飛行機はとんでもなく重さに敏感で、少しでも重くなると燃料が必要になるので重さは出来るだけなくすのが常識でもあり、必要な企業努力でもあるという事です。
ですが、当然全座席にテレビやDVDなどの設備を設置すれば当然それだけ重さが重くなります。
その設備を設置するための台も必要になるわけで、さらに重さは増すことになったでしょう。
それで燃料が多く必要になり、料金が高くなるというのでは本末転倒も甚だしいというものです。
料金が安いという事が最も多くの人が求めるサービスなのに、それを無視して一部の人しか利用しない映像設備を取り付けてそれで稼ぐなど、これまでの企業はとんでもないことをしていたのだと感じざるを得ません。
何しろ自分たちの旅行費用の数倍はするのです。
大手にしなくて本当に良かったと感じました。